« こんな気持ちになるなんて | トップページ | 驚きの記事を発見! »

2009年2月28日 (土)

2009年 エスモードジャポン大阪校 卒業審査会

先週エスモードジャポン大阪校の
卒業作品の審査会と
レセプションに行ってまいりました。

本当完成度高いです。
デザインとパターン縫製までが
うまくかみ合っていると言いますか
デザインを生かす縫製仕様に
脱帽です。

ひとつひとつのアイテムの完成度が高く
キッチリ丁寧に仕上げられています。
私が知らないだけか?
形状記憶芯?なる物を使用していたり
2次加工の技術やカタログ等々の販売ツールまで
トータルに表現されている事で
彼等の技量やセンスを垣間見る事が出来ます。

エスモードの審査会は
各ブースでの制作者によるプレゼンテーションを受け
ハンガーやボディーに着せている作品を審査いたします。

審査員の数も凄いです。
80人くらいでしょうか・・・?

特に今年は
20代前半の彼等の日頃の感覚や思いが気になり
その辺を根掘り葉掘り探りながらの審査になりました。

今回はコーディネートと
バランスが少し気になったので
審査には関係ないですが確認の為
ショーもチェックさせて頂きました。

校内で行われたショーは、
インターナショナルな雰囲気漂う
フロアーショーでした。
モデルもブランドごとに
キャスティングされ好感が持てます。

レセプションでは関西圏の
ファッションの専門学校や大学の関係者が
多数来られておりました。
このオープンな感じが良いなと感じました。

ご卒業される皆さん
社会へ出たらみんなで力を合わせて頑張って下さいね。
寛容で優しい人であって欲しいと思います。

|

« こんな気持ちになるなんて | トップページ | 驚きの記事を発見! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 エスモードジャポン大阪校 卒業審査会:

« こんな気持ちになるなんて | トップページ | 驚きの記事を発見! »