« 阪急百貨店メンズ館 | トップページ | 衣食住たりて礼節を知る »

2008年3月 1日 (土)

2008クリエイターズアワード最終審査

大阪ライフスタイルコレクション2008
クリエイターズアワード最終審査に行ってまいりました。
昨年の一次審査を通過し、
プレゼンテーションの事前審査を経た
力作が勢揃いいたしました。

NHKホールで行われた最終審査は
中国と特別招待の韓国の参加で
国際色豊なコンテストになりました。
いつかはスポーツの
アジア予選くらいの国が参加すれば
流行どうのこうのでは無い、
各国のアイデンティティが出る面白い
コンテストになるのだろうなって思いながら見てました。

もう1つ有意義であった事は、
大阪府知事 橋下 徹氏がプレゼンターとして
ご参加頂けた事でしょうか。
今までも望みながら中々実現しなかったすばらしい事です。

ファッション(クリエーター)都市宣言でもして頂いて
今後の大阪府の発展に活用して頂ければと
思っているのですが、知事いかがでしょうか?
ただ発表するだけのものでは無く、
マーケットを創造できる事をしたいですね。

コンテストの話に戻ります。。。。。
前回プレゼンテーション審査のあった
学校対抗クラスは白熱戦でした。
受賞出来なかったチームにもすばらしい作品がありました。
受賞者の喜ぶ顔を見るのはいつも本当良いものですね。
もらい泣きしてしまいます。

受賞者の皆さんはこれに慢心する事無く
謙虚な気持ちで次のステップに移って下さい。
残念ながら受賞出来なかった皆さんも、
他の作品や人を見た事での気付きがあった事と思います。
これからも切磋琢磨して下さい。
外部のコンテストのすばらしいところは、
他校学生との出会いだと思うんです。
ライバルではあるけど、
同じ業界にいる仲間でもあるわけです。
相手を認める心が大切ですよ。
皆でファッション業界を盛り上げて行きましょう。

コンテスト結果は下記の通りです。

○グラフィック部門
■最優秀賞(大阪市長賞)高松 麻子:京都造形芸術大学
■優秀賞  ショートリード ジェシカ:京都造形芸術大学
■優秀賞  笠原 友季:大阪芸術大学

○ファッション部門
※学校対抗クラス
■最優秀賞(文部科学大臣賞)
大阪モード学園
〈PURPOSE(パーパス)〉

■優秀賞
エスモードジャポン 大阪校
〈5-cinq-(サンク)〉

※企業コラボクラス(企業と学生によるエントリー)
■最優秀賞(経済産業大臣賞)
大阪モード学園 × N-Friends 10m-yu(ナフレンズ)
〈REMEMBRANCE(リメンバランス)〉

■優秀賞
マロニエファッションデザイン専門学校 × 株式会社パル
〈Zig2 Zag(ジッグジッグ ザッグ)〉

※オープンクラス(個人資格による参加)
■最優秀賞(大阪府知事賞)
小林 広大
〈6(キュウ)〉 

■優秀賞
吉田 れな・高石 大・長尾 梢子・黒原 佳子・
桑原 守・吉野 友里恵
〈NUDE CROSSING(ヌードクロッシング)〉

■OLC賞(企業による協力・連携などの希望表明)
株式会社大西→希望表明
学校対抗クラス 上田安子服飾専門学校
Tec.(テック)

株式会社ジオン商事→希望表明
オープンクラス 寺岡未央
paphiopedilum(パフィオペディルム)

株式会社ボナビ→希望表明
学校対抗クラス 浙江理工大学
Vestige(ヴェスティージー)

マツオインターナショナル株式会社→希望表明
学校対抗クラス 京都造形芸術大学
neSt(ネスト)

株式会社ラピーヌ→希望表明
企業コラボクラス
上田安子服飾専門学校×三ツ星貿易株式会社
po-ca etoiles(ポカ エトワール)

■FM802賞
吉田 れな・高石 大・長尾 梢子・黒原 佳子・
桑原 守・吉野 友里恵
〈NUDE CROSSING(ヌードクロッシング)〉オープンクラス

■繊研新聞社賞
神戸ファッション専門学校〈hitomi sato〉学校対抗クラス

■日本繊維新聞賞
小林 広大〈6(キュウ)〉 オープンクラス

■繊維ジャーナル賞
香蘭女子短期大学〈編む(あむ)〉学校対抗クラス

■繊維ニュース賞
京都造形芸術大学〈neSt(ネスト)〉学校対抗クラス

■特別賞
建国大学・漢陽大学(韓国)

■ヨンア賞
小林 広大〈6(キュウ)〉 オープンクラス

■MAG(御堂筋アートグランプリ)賞
大阪モード学園
〈PURPOSE(パーパス)〉学校対抗クラス

大阪モード学園 × N-Friends 10 m-yu(ナフレンズ)
〈REMEMBRANCE(リメンバランス)〉企業コラボクラス

小林 広大〈6(キュウ)〉 
      
その他各賞詳細はオフィシャルページでご確認下さい。

追伸:ゲストのヨンアさんベッピンさんでしたね。

|

« 阪急百貨店メンズ館 | トップページ | 衣食住たりて礼節を知る »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008クリエイターズアワード最終審査:

« 阪急百貨店メンズ館 | トップページ | 衣食住たりて礼節を知る »