« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月20日 (水)

阪急百貨店メンズ館

阪急百貨店メンズ館に初めて行って来ました。
いや〜ビックリです。凄いです。
あのナビオが・・・。
メンズと言えば上の階で展開される
紳士服売り場のイメージですが、

このメンズ館は、まったく違います。
埋もれていた潜在的な客層を
掘り起こした感じです。
それもあのナビオを改装し
全館メンズにするとはあっぱれです。
言い出しっぺの人は凄いですね!!!

オシャレな男性・カップル・女性・ファミリーと
幅広く賑わっています。

特にお気に入りはB1のアンダーウェア売り場です。
様々な色柄の展開で・・・。
こういう売り場が欲しかったんですよ。
数年前までは、カルバンクラインぐらいしか
良いのが無く、
メンズアンダーウェアの企画に
チャンスがあった事に間違いはありません。
色柄の綺麗なものがしっかり揃った良い売り場です。
当日はバレンタインデイの為か
女性客がいっぱいでチョコレート売り場の様な混雑でした。
個人的な購入は次回にしました。

後は1Fのドレスシャツ・ネクタイの売り場ですね
洗練された空間とセンスがすばらしいです。

リクエスト出来るとすれば
いまの売り場のテイストにあった
帽子売り場を充実させて欲しいです。
テリー伊藤さんが愛用されている様なのが欲しいです。
それもサイズ大きめよろしく!
すでに展開されていて見落としていた場合は
申し訳ございません。

追伸:メンズ館で柔道の野村選手に握手して頂きました。
プライベートですので、こっそりまわりに悟られない様に
声をかけさせて頂きました。
オリンピック3連覇にあやかろうと思って

野村選手4連覇めざして頑張って下さい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

大阪文化服装学院の審査

卒業展ネタが続いておりますが
大阪文化服装学院の審査に行ってまいりました。
プレゼンテーションを含めた事前審査
二日あけた本番当日の審査です。

大阪ビジネスパークの円形ホールでのショー
OBPでの実店舗を設置しての販売
これが賑わってて面白いんです。
オリジナル商品に加えそれぞれのブースで
仕入れ先を開拓し商品を仕入販売いたします。
審査員には300円×6=1,800円の商品券が配られ
自由にお買い物が出来ます。
もちろんそれ以上の購入も自腹で出来ます。
これが結構楽しい、
雑貨やアパレル製品・アンダーウェア等もあります。
店舗イメージ/接客態度等も審査の対象に成ります。
一般の方も買い物が出来るところが良いですね。
売上も相当販売される様ですよ

未完成ではあるけれど
お店の原点と言いますか?
そもそもはこれで良いよねって思わせてくれる
楽しいイベントでした。

私のお気に入りはユニセックスで
アンダーウェアを展開したショップです。
ポップでカラフルなボクサーブリーフとかは
超可愛かったです。
審査員の間では、先頃オープンいたしました
阪急百貨店メンズ館アンダーウェア売り場
品揃え等と絡めた話題になりました。

阪急百貨店メンズ館については近々掲載したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

バンタンデザイン研究所卒業ショー

バンタンデザイン研究所の
卒業作品のショーを見に行ってまいりました。
今回は審査ではなくご招待して頂きました。

初々しいショーでしたね。

初心に返ると言いますか・・・。
1991年のデビューコレクションもこの旧midシアター
現在の円形ホールです。

当時御世話になった人達の顔が
浮かんできましたよ。
今でこそわかる感謝が込み上げて来ました。

モードの学生時代
お気に入りデザイナーの1人
菊池武夫氏のショーを見に行ったことや
故大田記久氏のC'est vraiのショーのお手伝い等々
懐かしい想いがフラッシュバックする良いショーでした。

感動して泣きながら出てくる学生達の
やりたい事が伝わってくる。
ショーってやっぱり良いよなって思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

エスモード・ジャポン大阪校審査会

エスモード・ジャポン大阪校の
卒業審査会に行ってまいりました。
毎度の事ながら審査員は
関西のファッション業界の顔が全て
来られているのではないか?
と思わせる人数です。
100人くらいいてそうです。

展示会形式のブースで見せる
その作品もプロ顔負けの凄いのが出て来ます。
この審査会で合格点をとれなければ
卒業出来ないと言う厳しい審査会です。

今年の審査会では満点を
1グループにつけました。

手工芸的なテクニックを使ってしまいがちの
卒業作品の中
パターンを理解したデザイナーと
デザインを理解したパタンナーの
シンプルな中に服を作る技術を屈指した
すばらしい作品です。
学校内でとどめておくにはもったいない。
こんなすばらしい若い人達がココにいるよって
広く世界に知らせたいと強く思いました。
その様なレベルのグループが上記含めて
数グループ程ありました。

近頃の若いもんは凄いよ

夢を目標に変えて頑張って下さい。
世の中の役に立てば必ず道は開けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

プレゼンテーション審査

大阪ライフコレクション2008
クリエーターズアワード『ファション部門』
学校対抗クラス プレゼンテーション
の審査に行ってまいりました。
一次審査を通過した
中国2校を含めた計12校の
プレゼンを見せて頂きました。

感想は、とにかくどの学校も
プレゼンがうまいと言う事につきますね。
練習に練習を重ね当日もリハーサルを
重ねているのだと思いますが、
10分程度の持ち時間の中で
しっかり内容もあってうまくまとめて来ます。
トークがうまいんですよね。
私なんかはカミカミ状態になるのですが・・・。

大型スクリーンに映し出される
データ等はKeynoteやPowerPoint等を
利用したクオリティーの高い物で
わかりやすかったです。

私の学生の頃は、
紙のボードに雑誌をカッターで切り抜いて
スプレー糊を吹き付けて貼って
文字等は、PCも無いので
ワープロで文字を作って切って貼ったり
直に手書きで文字を書いたり
極めて原始的な手法でしたね。
作業の後は紙くずだらけになりますし
今では考えられないですね。

プレゼンが良かったとはいえ
最終的には作品に反映されているかどうかだと
思いますので最終審査まであきらめる事無く
頑張って下さい。
本番楽しみにしております。

追伸:プレゼンと言えばやっぱりこの人でしょう。
スティーブ・ジョブズ
彼のライブの様なプレゼンは憧れます。
もちろん商品がすばらしいからではありますが・・・。
英語ですが、わかりやすいので見てみて下さい。
大富豪ですが基本給年1ドルなのだそうですよ。
Macworld 2008 Keynote Address(無料)
Steve Jobs kicks off Macworld 2008

ご覧になるにはitunes(無料)
ダウンロードが必要です。mac/Windowsどちらも可です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »