« 寒いけど空気が澄んでいて | トップページ | 超怖いんですけど。。。 »

2005年12月18日 (日)

審査に行って参りました

2006大阪モード学園モードフェスティバルの
審査に行って参りました。
毎度の事ながら審査前は大変緊張もし、
数日前から(あんなんかな〜。こんなんかな〜)っと
色々妄想します。良いのが上がってたら良いなと・・・。
今回のテーマは『心に響く音をカタチに』


例えば
『ゴォォォー』はロケットの発射音
『カーン!』は格闘技のゴングの音
『ブーーーーン』が蚊の飛ぶ音
そう言うのをモチーフに卒業作品が制作されております。


個人賞とグループ賞が有るのですが、
今年はグループ間はかなりの接戦、
グループ内では実力の差がはっきり出ている
という感じでしょうか?


気になったグループを挙げると、
パンク系/格闘技系/アラスカ系/蚊系ですかね。


パンク系というのはテイストが
ハッキリしていてまとまりやすいんですよね。


格闘技系は以前もお知らせした様に
モデルに極真会館のトップクラスの選手がそろい
その体格の凄さとデザインが
マッチしていて良かったですね。
華奢なモデルではそうはいかないので・・・。
ポーズや笑顔も様になってる。
思ったのは、日本を代表する選手は、
存在感というかオーラで圧倒しますね。
その場の状況判断も凄いし・・・。
クリエイティブな方々だなって思いました。
彼等をモデルとして起用した学生は、
着てもらう人にまでキッチリこだわった
成果が出ていた様に思いました。


アラスカ系は、暖かそうなのに
バランスを軽く見せたりという部分が
うまく表現されてたのではないでしょうか


蚊系は蚊帳をモチーフにしているんですが、
前後の透けを利用した柄の見え方や
シンプルにフォルムにこだわったグループ


どれもタイプは違うけれども良かったです。
学生の皆も結果が来年と言う事で
しばらくドキドキが続くと思いますが
お楽しみに。

今回もヘトヘトです。

|

« 寒いけど空気が澄んでいて | トップページ | 超怖いんですけど。。。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 審査に行って参りました:

« 寒いけど空気が澄んでいて | トップページ | 超怖いんですけど。。。 »