« 寒イボ | トップページ | 想像してた未来 »

2005年11月11日 (金)

名実共に世界で認められること

TERUYUKIの空手の田ケ原先生が
第37回全日本空手道選手権大会において
第六位入賞そして技能賞を獲得された
お話を2005.11.06にさせて頂きましたが、
今回は、その話の続きです。
先生が極真空手に出会い
無差別の全日本大会でベスト8入賞を決意されたのが
15歳だったそうです。
今年で40歳・・・。(同い年です。)
25年間思い続けていた夢が叶った。
っと喜ばれてました。
『夢はあきらめなければ、必ず叶う!』ことを
身をもって証言して下さいました。
本当凄いです!

田ケ原先生の受賞歴です。
1996年 第13回 全日本ウェイト制空手道選手権大会 優勝
2000年 第17回 全日本ウェイト制空手道選手権大会 優勝
2001年 第02回 全世界ウェイト制空手道選手権大会 優勝

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

TERUYUKIは16歳の時に極真入門するのですが
膝を怪我して2年あまりでいったん辞めたんです。
その後、産業用ロボットを作り→モード学園→ファッション界
に移って行きます。
その間も夢の中に空手が出てくるんですよね。
黒帯になれずに辞めてしまった後悔ですかね・・・。
先生との出会いで、38歳の時(22年ぶり)に
再入門もちろん白帯からです。
入門時の目標は厄年の42歳ど真ん中で黒帯を取得する事。
色々起こりそうな時期にあえてぶつけました。
今の自分より少しでも進歩している事を良しとする考えで
人とは比べません。
他の道場生からは沢山のパワーを頂きます。

『夢を目標に変え実行して下さい。
それが世の中の役に立つ事であれば道は自然と開ける』
TERUYUKIがモード学園の学園案内パンフレットに
記載している言葉です。

TERUYUKIの目標は
ライフスタイルに関わる全てのデザインで

『名実共に世界で認められること』

日々それを信じて勤しんでおります。

|

« 寒イボ | トップページ | 想像してた未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名実共に世界で認められること:

« 寒イボ | トップページ | 想像してた未来 »